ジョギングから学んだダイエット効果とマラソンで学んだ3つの教訓


出典 health-and-beauty-site.com

ジョギングはダイエットに効果的

私がジョギングを始めたのはかれこれ6年以上前に遡ります。

きっかけは、ダイエットのためでした。

ジョギングとダイエットサプリでスタイル良くなりたい方はこちら

その当時糖質、炭水化物が好物でどうしようもなく食べてました。

でもその理由として禁煙の代償としてタバコの代わりに口さみしくてついつい食べてしまってましたね。

間食、間食の繰り返しで・・・

その結果・・・

なんと10kg増に、、、当然お腹のお肉がポッコリと・・

あぁ・・もう、そろそろ対策をとらんと・・・

うわぁ、こりゃいかんとサウナスーツを着込み走り始めました。

それからは定期的にジョギングを始め

開始してから半年くらいで禁煙にもなんとか成功し・・

年数回はマラソン大会に

参加できるまでになりました。ハーフもフルも完走してます。

ジョギングから本格的に始めたマラソンという競技は

ほんと人生の教訓がてんこもりに詰まっています。

スポンサーリンク


マラソンから学んだ3つの教訓

今を楽しみ集中するということ

これはなかなか難しいこともあるかと思いますが、

「今を楽しむこと」は「今に集中すること」です。

マラソンでいうならば

アップダウンや平地など色々なコースがあった場合

そのコース、そのコースでいろんな感情が出てきます。

辛かったり、楽だったり、タイムが遅れたり、、、

どんなに用意周到で練習しても本番はどうなるかは予想がつかないのです。

でもその一つ一つの事柄、感情を客観的に受け止め、

自分を肯定する心、そしてそれを認めます。

で、認めた後はひたすら進む。落ち着いて今だけに集中して・・

それで気づいたらゴールできてるんです。不思議なんですがね。

先を急ごうとするとなかなかうまくいかないのがマラソンなんですね。

だってマラソンは辛いときなんか20キロないし42.195キロの距離を走るうちに

どこかで途方もないと感じた時点で走れなくなるからです。

一度走りを止めると不思議に進まなくなる。

今を大切に、その積み重ねでゴールを目指せるんです。

プロセスを楽しむということ

マラソンはペース配分を考えないとタイムも遅れる

下手したらリタイヤしかねない位厳しいスポーツです。

練習すればしただけ成果はでますが、調子にのると

後半失速しかねません。ですので前半にピッチをあげても中盤押さえて後半また盛り返す。

または前半、中盤と抑えてラストで追い込む。等々

途中途中のプロセスに集中しその一つ一つを楽しむ。これ大事だと思います。

継続すること

このことはマラソンに限らず一番大事なことだと思います。

これができればどんなことにも結果がついてくる・・。

継続しなければ継続して練習や走らなければ成果もゴールもできません。

最後に

まぁ、学ぶほどのことではなく、ほとんどの人はわかってることだと思いますが、

実際、理屈でわかってるのと体で体験するのとでは天と地ほどの気づきの違いがあります。

人生はよくマラソンに例えられます。

それほど奥が深く、そして得るものの多いスポーツなのではないでしょうか?

ジョギングとダイエットサプリでスタイル良くなりたい方はこちら


マラソン・ジョギングランキング



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする